スタッフブログ

    トップ > スタッフブログ > ビタミンB12は不眠症やうつ症状、不登校にも影響あるビタミンです!

ビタミンB12は不眠症やうつ症状、不登校にも影響あるビタミンです!

スタッフブログ

2018.01.30

先日こんな記事を見つけました!

今、脳と腸の関係について新しい情報が次々に伝えられています。

下記の情報もとても興味深く、センソリセラピーのアレルゲンの項目にも

ビタミンB12が入れられていて、富士健康美容サロンでも何人もの方に

施術させていただいていますが、便秘解消だけでなく、うつ症状や糖尿病

アルツハイマー病などにも関係しているということが分かっています。

リブラのビタミンB12の効果と効能

[ →ビタミンB12について ] [ →ビタミンB12の効果・効能 ]

リブラのビタミンB12の効果と効能

リブラの効能

かつて脳細胞は減少するだけで増殖することが無いといわれていましたが、
ビタミンB12によって脳細胞や脳神経の再生・修復が行なわれることが報告されています。
このため、ビタミンB12の摂取によって不眠症、パニック障害、認知症、アルツハイマー病、
自律神経失調症など、脳や神経に関わる症状の改善が行なわれます。
また、動脈硬化を防ぐとともに、脳の血管を修復することによって、
脳梗塞、隠れ脳梗塞、脳溢血、脳血栓などの予防などが期待されます。

最近の研究で、ビタミンB12には免疫機能を正常に維持する働きがあることが判明しており、
各種の免疫疾患や糖尿病の改善に効果が期待されています。

ビタミンB12は、「脳のビタミン」「神経のビタミン」と呼ばれ、脳神経の働きに深くかかわることが知られています。
最近では、大量のビタミンB12を摂取することで脳血管や脳神経の再生・修復にたいへん効果的なことがわかってきました。
ちなみに、ビタミンB12を大量に摂っても、副作用などはないことが確認されています。
それどころか、大量のビタミンB12を摂ることで、人体へのさまざまな効用が得られます。
また、効果的に作用するには、ビタミンB12単体ではなく他の成分と一緒に摂取することが望ましいのです。

ビタミンB12には、脳の血流をよくするとともに、脳神経の働きを改善あるいは促進する作用があります。
同時に、動脈硬化の原因となるホモシステインや活性酸素(ふえすぎると体に害を及ぼす非常に不安定な酸素)を除去する働きも持っています。

≪ビタミンB12の働き≫

・新しい細胞を作り、壊れた細胞を修復する働き。
・神経の壊れた部分を修復する働き。
・神経伝達物質を作る働き。
・免疫を正常にする働き。
・血流をよくする働き。

このような様々な働きがあります。
また、ビタミンB12は大量かつ配合によって効果的に働きます。


リブラのビタミンB12が必要な人は?

ビタミンB12は腸で吸収されます。しかし、その前に胃の内因子と結合することで吸収される状態を作っているため胃を切除しているなどの場合は、胃の内因子なしで吸収されるために大量のビタミンB12を補給する必要があります。
高齢で胃の粘膜が萎縮している人や膵臓に病気のある人も同様です。
透析を行っている人にも欠かせません。

糖尿病になると食べ物からビタミンB12の他、葉酸・ビタミンB6の吸収が阻害されるので栄養補助食品やビタミン剤などで補う必要があります。

その他に、肝臓機能維持強化、貧血、末梢神経の修復や中枢神経の脳にも関係することが知られており、記憶力や精神のバランスにも関与しています。

スポーツをやる人にもビタミンB12は必要です。筋肉が動くように脳から指令を伝える神経が、正常に働くためには、ビタミン群の仲間が必要なのです。筋肉や神経を動かすエネルギーを作るのがB1、神経伝達物質の生成に働くのがB6、そしてB12の役目は神経細胞内の核酸やタンパク質などを合成、修復することにある。どのビタミンが不足しても神経は正常には働いてくれません。

                                   ビタミンB12サプリメントホーム  より引用

店舗案内

090-5629-0828

    

アレルギーのない楽しい生活を送りましょう!

       

所在地
〒418-0015
静岡県富士市舞々木町417
メールアドレス
fhsyoyaku@gmail.com
営業時間
10:00~20:00(予約制)
定休日
日・祝・水曜日
クレジットカード
あり
駐車場
あり

ご相談はこちら

富士健康美容サロンのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
アレルギーまたは花粉症に関するご相談や当サロンに関するご質問など
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

pagetop